犬は可愛い動物です。
犬が好きな人は、その愛らしい姿や行動を見ているだけで癒されるという人も多いのではないでしょうか。
ではなぜしつけが必要なのでしょう。

スポンサードリンク

犬のしつけ

犬のしつけとは「お手」や「おすわり」を覚えさせることだけが目的ではありません。
共に幸せに生活する為には、禁止事項などを含めたルールを理解させることが大切だと考えます。

禁止事項とは、
 決められた場所以外でトイレをさせない
 無駄吠えをさせない
など、他の人や犬に迷惑をかけない行為であり、人と犬が快適に暮らす上で必要不可欠なしつけです。

また拾い食いを防ぐことや、危険な物で遊ばせないことなども含まれており、犬自身の安全を守る為にも必要なルールなのです。

ただし単純に言うことを聞かせれば良いというわけではなく、叩く蹴るなどして恐怖で支配することをしつけとは言いません。
犬の信頼を得た上で、どんな状況でも飼い主の命令に従うことが出来るという関係を築くことが重要なのです。

元来、犬は集団で生活する動物ですから、群れのリーダーに対してとても従順に行動する性質を持っています。

飼い主がリーダーであることを認識させ、効果的なしつけを身につけさせることができれば、周囲の人だけではなく、飼い主や犬の安全を守ることができるでしょう。

可愛い愛犬と仲良く楽しく生活する為には、犬の信頼を得ると共に、飼い主自身も犬を飼う上でのマナーを身につけ、しつけの必要性を理解しておくことが大切です。

根気がいることではありますが、犬のしつけを通して、お互いが最高のパートナーだと感じられる関係を築きましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ